のの+設計 一級建築士事務所

九州の木とパッシブデザインで居心地よい空間を

省エネな暮らしへ(1985アドバイザー拠点)

のの+設計は、1985地域アドバイザー拠点です。

「1985地域アドバイザー」とは、各地域で気候、風土、ライフスタイルに合わせた的確な省エネルギーアドバイスを行い、生活者がより豊かに、快適に家庭生活を送れるよう支援できる法人・団体を、一般社団法人Forward to 1985 energy lifeが認定するものです。

のの+設計は、一般社団法人Forward to 1985 energy lifeの活動主旨に賛同し、この会の指導の元、省エネルギーに関する様々なことを学び、建築手法に取入れ、暮らしに活かす方法として実践しています。

省エネに暮らす為に

今の時代、省エネルギーに関する技術はとても進み、その情報をたくさん得る事ができます。新しい技術だけでなく、日本の暮らしの中で育まれた生活の知恵もたくさんあります。暮らしのエネルギーを考えるときに、どういったことを選び、組み合わせるかを、ハード(建築自体とその設備)とソフト(暮らし方)で、暮らされる方と一緒に考えていきたいと思っております。新築だけでなく、省エネ改修、さらには、少し窓まわりにてを加える(内窓や、日よけの設置、外付けブラインドや断熱ブラインドなどどれかの設置)だけで、暮らしのエネルギーの使い方が変わります。ちょっとしたことだけど、どうだろう・・ということも是非ご相談ください。

具体的には、

・寒い、暑いの改善アドバイス

・実際の住まいの省エネ環境をしりたい

・住まいの省エネ設計

・省エネ設備の選定アドバイス

・お住いのエネルギー算定(実際と改善)

・ランニングコストを抑えるアドバイス等

さまざまなシュミレーションを行いながら、分かりやすくご提案いたします。

一般社団法人Forward to 1985 energy lifeのHPにも、色々な情報がのっています。