のの+設計 一級建築士事務所

木とパッシブデザインで心地よい空間づくり

代表プロフィール

渡邊美恵.

一級建築士/福岡県建築士会会員

NPO法人九州森林ネットワーク理事

既存住宅状況調査技術者/暮らし省エネマイスター

北九州市生まれ。大学卒業後、関西にて就職。イタリアンレストランやカフェ、ジバンシィブティック等店舗設計活動を行う。その後、イタリア ミラノにて店舗企画設計・輸入アシスト業務後、日本でのイタリアンカフェ出店業務に従事。その後関西で友人と二人「ののデザイン」活動する。

体調を悪くしたことをきっかけに、地元福岡に戻り、工務店にて企画販促業務、住宅リノベーションの設計業務を行う。

2012年 ののデザイン一級建築士事務所を設立し、現在に至る。

自身の体調を悪くした事をきっかけに、自然素材や環境配慮の大切さに気づき、イタリア滞在をきっかけに日本の木の建築の素晴らしさに気づく。地域材を使い空間を豊かにすることが、暮らす人にとって健康的、ここち良い空間をつくり、山、そして地域の再生に繋がると考え、『山とまちを繋ぐ『居心地の良い』をテーマに空間設計提案を行っています。

略歴

九州芸術工科大学(現 九州大学)芸術工学部 環境設計学科 卒業

株式会社大丸 装工事業部(現 株式会社Jフロント建装) 大阪本部 入社

トヨサキ産業(現 松豊土地建物株式会社)大阪本社 入社

上記会社業務にて、イタリア ミラノ駐在(1年2カ月)

ののデザインユニットとして大阪にて設計活動

株式会社安成工務店 (福岡支店)入社、その後本社(下関)企画室、のち福岡支店 リノベ事業部にて勤務

一級建築士事務所 ののデザイン 設立(2012年10月)

のの+設計 一級建築士事務所に改名(2017年10月)